川越線

川越線

JR川越線南古谷駅駅前広場の設計図と利用客誘導施策

JR川越線南古谷駅の駅前広場の設計図が公開されていました 参考URL : 社会資本総合整備計画 南古谷駅周辺地区都市再生整備計画 上記の資料は以前から目を通していたつもりでしたが、予算や地区全体の設計図にのみ目が行ってしまい、...
川越線

JR川越線岸町踏切及び新河岸川橋梁

【同じ日の訪問記事】JR川越線菅原踏切訪問 / JR川越線新宿踏切訪問 / JR川越線烏頭坂トンネル訪問 この日は、最後に岸町踏切と新河岸川橋梁に向かいました。 岸町踏切は烏頭坂トンネルの南古谷側直近の踏切です。交通量...
川越線

JR川越線烏頭坂トンネル訪問

【同じ日の訪問記事】JR川越線菅原踏切訪問 / JR川越線新宿踏切訪問 烏頭坂トンネルは、国道16号線(東京環状線)と国道254号線(川越街道)の烏頭坂交差点の下を掘られたトンネルで、同じく烏頭坂交差点の下を陸橋下で通過する東武東上...
川越線

JR川越線新宿踏切訪問

前の記事 → JR川越線菅原踏切訪問 菅原踏切に続き、新宿踏切も撮影しました。 菅原踏切から烏頭坂方面へ進むと五差路があります。このうち急な坂を降りる道が、新宿踏切と東上本線第152号踏切を経て旧川越街道方面へ抜ける一...
川越線

JR川越線菅原踏切訪問

 JR川越線随一の開かずの踏切にしてボトルネック踏切である菅原踏切を訪問しました。同じ日に新宿(あらじゅく)踏切と烏頭坂トンネル、そして新河岸川橋梁も訪問しましたが、写真の枚数が多いため、記事を分けさせて頂きます。 菅原踏切...
川越線

川越線複線化運動の過去 1980年(昭和55年)の川越市広報より

川越線の複線化運動は1980年代以前から始まっていた 参考URL : 広報かわごえ 昭和56年2月25日発行 昭和56年2月25日発行の広報かわごえより抜粋  川越市の広報誌のバックナンバーを調べていたところ、昭和55年...
川越線

自治体と事業者の協力による複線化研究 – 奈良線の事例を見る

JR川越線の複線化には自治体のある程度の負担が必須か  JR東日本大宮支社の返答としては、毎年のように「利用客数を見る限り複線化の必要性は低い」となっています。確かに、路線全体の平均値としてみると、そこまで急いで複線化をする必要はな...
川越線

悲願の川越線複線化へ、市民と政財界が一致団結!

川越商工会議所と川越市自治会連合会が署名活動を行った 川越線複線化を要望する署名用紙 上記の用紙が今年の年初頃に回覧板で回ってきたとの情報を得て方々を探し回り、コピーではありますがこちらを入手しました。  ご覧の通り、2...
川越線

川越市駅周辺訪問 その2

前回の記事(川越市駅周辺訪問 その1) → 川越市駅近傍の東上本線第157号踏切とその周辺から、今度は豊岡街道跨線橋へと向かいます。 この豊岡街道跨線橋は、開業当時からそのまんまの形で残っています。JR川越線の切り通...
川越線

川越市駅周辺訪問 その1

市内でも特に交通事情の悪い川越市駅周辺を訪問しました。訪問とは言いますが、この地域で生まれ育った私としては定期的な帰省の延長のようなもので、相変わらずの街並みを楽しむ散歩のようなでもありました。 まずは入間川街道側から。東上...