東武東上線

川越線

JR川越線烏頭坂トンネル訪問

【同じ日の訪問記事】JR川越線菅原踏切訪問 / JR川越線新宿踏切訪問 烏頭坂トンネルは、国道16号線(東京環状線)と国道254号線(川越街道)の烏頭坂交差点の下を掘られたトンネルで、同じく烏頭坂交差点の下を陸橋下で通過する東武東上...
川越線

JR川越線新宿踏切訪問

前の記事 → JR川越線菅原踏切訪問 菅原踏切に続き、新宿踏切も撮影しました。 菅原踏切から烏頭坂方面へ進むと五差路があります。このうち急な坂を降りる道が、新宿踏切と東上本線第152号踏切を経て旧川越街道方面へ抜ける一...
川越線

JR川越線菅原踏切訪問

 JR川越線随一の開かずの踏切にしてボトルネック踏切である菅原踏切を訪問しました。同じ日に新宿(あらじゅく)踏切と烏頭坂トンネル、そして新河岸川橋梁も訪問しましたが、写真の枚数が多いため、記事を分けさせて頂きます。 菅原踏切...
川越線

川越市駅周辺訪問 その3

前回の記事(川越市駅周辺訪問 その2) → まずはJR川越線富士見踏切です。 先述の砂利道が、川越市立富士見中学校の校門前から永井町踏切を経て脇田ガード方面へ抜ける道と合流する付近に設置されています。背後には武州ガス...
川越線

川越市駅周辺訪問 その2

前回の記事(川越市駅周辺訪問 その1) → 川越市駅近傍の東上本線第157号踏切とその周辺から、今度は豊岡街道跨線橋へと向かいます。 この豊岡街道跨線橋は、開業当時からそのまんまの形で残っています。JR川越線の切り通...
川越線

川越市駅周辺訪問 その1

市内でも特に交通事情の悪い川越市駅周辺を訪問しました。訪問とは言いますが、この地域で生まれ育った私としては定期的な帰省の延長のようなもので、相変わらずの街並みを楽しむ散歩のようなでもありました。 まずは入間川街道側から。東上...
その他

東武東上線板橋区内駅全線立体化目指す – 板橋区

2021年度に東武鉄道への要望予定 参考URL : 板橋区は、2021年度第1回区議会定例会で実施予定の東武東上線連続立体化調査特別委員会の調査報告をもって、東武鉄道へ板橋区内膳線立体交差化を要望するとのことです。  ...
川越線

川越駅周辺の連続立体交差化を考えてみる

川越駅周辺の東武東上線及びJR川越線と道路の交差状況 川越駅周辺の道路と線路の交差状況をまとめてみました。一旦、範囲としては、市街地中心部に近い烏頭坂交差点〜川越駅〜富士見踏切・川越市駅の間とします。  この区間には国...
その他

川越駅周辺の都市開発を考える その2 (西口編)

西口は今でも「市街地の外側」 前回の記事 :  川越駅の西口は、前回の記事でも紹介したとおり、開業以来のどかな駅裏として緩やかな発展をしていました。そもそも川越市の旧市街地から見ると完全な町外れに位置し、市街地からつながる通...
その他

川越駅周辺の都市開発を考える その1 (東口編)

川越駅周辺の現況は?  川越駅には現在も東武東上線とJR川越線が乗り入れ、1日あたり述べ20万人が利用しています。  駅は北西から南東に向かって、北向きの巾着型に広がった川越市の中心市街地を斜めに止める形で設置されています。そ...