【周辺散策】河合塾川越現役館跡地

その他

思い出の校舎の今

 川越市中心部の南端、JR川越線と東武東上線の脇田ガード付近の市道中央通り線に面した白いビルに、河合塾川越現役館がありました。2000年の開校後、2020年9月にクレアモール近くの新しいビルへと移転し、現在は空きビルとなっています。
 私も高校生の頃に通っていた思い出深い校舎ですが、今は人影もなく、寂しい空気が漂っていました。

以前は隣接する駐車場の部分に別の雑居ビルがあり、西武線側から側面を望むことは不可能でした。その雑居ビルが取り壊されて側面が全て見られるようになったのは、記憶が定かではありませんが、確か2005年頃ではなかったかと思います。

 通っていた頃はあまり通らなかった、東進ハイスクール側の歩道から撮影をしてみました。

つい最近まではこの敷地の一部のみコインパーキングとして運用され、中央通り側は無造作な空き地だったと記憶しています。現在では月極駐車場として全面的に整備されています。
 しかし一角には地元の岩堀建設の真新しいプレハブが置かれ、何やら工事の準備をしている様子も見受けられます。

 続いて、これまた昔からあまりみたことのない、裏側からの一枚です。非常に狭い建物ではありますが、裏から見ても横から見ても表から見ても、まだまだ新しいように映ります。

また新たに貸し出すにしろ、この広さではなかなか難しいのではないかと個人的には感じています。

 この後、先日の記事でも紹介した地下道に向かい、帰宅をしました。他の写真は以下の記事に載っていますので、ぜひご覧ください。

コメント