南古谷駅

川越線

JR川越線南古谷駅駅前広場の設計図と利用客誘導施策

JR川越線南古谷駅の駅前広場の設計図が公開されていました 参考URL : 社会資本総合整備計画 南古谷駅周辺地区都市再生整備計画 上記の資料は以前から目を通していたつもりでしたが、予算や地区全体の設計図にのみ目が行ってしまい、...
その他

南古谷駅周辺の都市開発について考える

南古谷駅周辺の歴史と現状  西大宮駅以外の川越線の途中駅は、1940年(昭和15年)7月22日に一斉開業しました。この南古谷駅も例外ではなく、現在利用している駅舎は開業当時のままです。  南古谷という駅名は、開業当時に存在した...
川越線

南古谷駅訪問 その2

改札直結の下りホームです。かなり狭く、トイレも1日1万5千人の乗降客を捌く駅にしては心許ないです。 改札口は、開業当時の有人改札由来のものとのちに拡張したものとの2か所に分断されています。 川越線名物の...
川越線

南古谷駅訪問 その1

 橋上駅へと生まれ変わる工事が迫る南古谷駅を撮影してみました。  川越駅からE233系に揺られて一駅。といっても駅間は4キロ近いため、田園地帯をそれなりの時間疾走します。 地方のローカル線や幹線の閑散地区のよう...