その他

その他

川越市駅及び川越駅周辺の建設プロジェクトまとめ

川越市駅及び川越駅周辺で再開発がにわかに進行中  過去2件の記事でも特集している通り、東武鉄道川越工場の廃止の可能性が濃厚となり、川越市駅周辺でも再開発が急ピッチで進む可能性が出てきました。  川越駅周...
その他

2020年6月以降の取材・訪問・写真撮影ポリシー

新型コロナウィルスCOVID-19への警戒は継続 2020年4月以降の取材・訪問・写真撮影に関しては、新型コロナウィルスCOVID-19への警戒を行いながら行っております。具体的には、以下の対策をとっています。 マスクの常時着...
その他

東武東上線板橋区内駅全線立体化目指す – 板橋区

2021年度に東武鉄道への要望予定 参考URL : 板橋区は、2021年度第1回区議会定例会で実施予定の東武東上線連続立体化調査特別委員会の調査報告をもって、東武鉄道へ板橋区内膳線立体交差化を要望するとのことです。  ...
その他

Twitterをはじめました

告知等のために、Twitterアカウントを開設しました。アカウント名は @KawagoeTrain です。 URL : お気軽にフォローをお願いいたします!
その他

【工事進捗更新】【6月15日】JR川越駅改札口リニューアル

ウォークインカウンター供用開始 仮設窓口が廃止され、改札機が増設されました。  改札機は増設されつつ一列に並び、大幅に使いやすくなりました。 駅事務所は引き続き工事中 改札内側の駅事務所はまだ工事中...
その他

的場駅周辺の都市開発について考える

的場駅周辺の歴史と現状  的場駅の生い立ちも、先日考察した南古谷駅と全く同じです。西大宮駅以外の川越線の途中駅は1940年(昭和15年)7月22日に一斉開業し、この的場駅も同時に開業しています。もちろん駅舎も当時のままで、川越線名物...
その他

南古谷駅周辺の都市開発について考える

南古谷駅周辺の歴史と現状  西大宮駅以外の川越線の途中駅は、1940年(昭和15年)7月22日に一斉開業しました。この南古谷駅も例外ではなく、現在利用している駅舎は開業当時のままです。  南古谷という駅名は、開業当時に存在した...
その他

川越駅周辺の都市開発を考える その2 (西口編)

西口は今でも「市街地の外側」 前回の記事 :  川越駅の西口は、前回の記事でも紹介したとおり、開業以来のどかな駅裏として緩やかな発展をしていました。そもそも川越市の旧市街地から見ると完全な町外れに位置し、市街地からつながる通...
その他

川越駅周辺の都市開発を考える その1 (東口編)

川越駅周辺の現況は?  川越駅には現在も東武東上線とJR川越線が乗り入れ、1日あたり述べ20万人が利用しています。  駅は北西から南東に向かって、北向きの巾着型に広がった川越市の中心市街地を斜めに止める形で設置されています。そ...
その他

U_PLACE開業間近!

川越駅直結の商業施設U_PLACEの開業間近  川越駅直結の商業施設U_PLACEは、予定通り6月8日に開業するそうです。 参考URL : リンガーハットやマクドナルドといったレストランと、3階の川越市民サービ...